靴下の豆知識をご覧になれます。

←前のページへ戻る 次のページへ→
 
くつしたは左足右足ペアとなって、はじめて役に立つ。ちょうど、男性と女性が一組になって家庭をつくるように。これにちなんだ、くつしたを記念するペアーズデイが11月11日。ひとつの家庭からたくさんの子が巣立っていくことを象徴する。

ところで11月11日のように月と日の重なる日を、古い中国の暦で「節句」といった。節句というのは、年に何回かある季節の折り目のことで、神に供え物をし、それを食べあって健康や霊力の増進を祈った。元旦に食べるお節、3月3日の雛あられ、5月5日の柏もちも、この節句の習慣にある。

「くつしたの節句」には、くつしたを贈りあうのがいい。一年でたった一度、ペアとペアが重なるペアーズデイ、11月11日。それは儀礼的なバレンタインデイやバースデイともちょっとちがう。ペアふたりがいっぺんに歓べる日。愛の合図に、くつしたを贈りあう日。

「THE BOOK OF SOCKS AND STOCKINGS」(荒俣宏 著/日本靴下協会 発行)より引用

豆知識メニューへ
 

←前のページへ戻る 次のページへ→

このサイトの画像,文章,全ての無断転載を禁止します。
copylight(C)2002 大阪靴下工業協同組合.All Rights
このサイトは Internet Explorer5.0x以上でご覧になることを推奨します。